看護系学校の受験に失敗しないための必読参考書を科目別に紹介!

【専門学校編】

こんにちは、看護医療系専門の予備校、東山学館看護受験ゼミです。

 

看護学校を受けるけど、どの教材がいいのかわからない…

看護系は色々傾向があるみたいだし、学校でやっていた教材で大丈夫なのかな…

買ってみたけど、全部終わりそうにない…など

 

そんな風に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

 

この記事では、勉強が苦手な高校生・社会人でも看護専門学校の受験に必要な学力を養成できる参考書をご紹介します!

 

 

まずは、大前提からです。

前提①「基礎学力の養成があってこその傾向対策」という理解
前提②「1回やるのではなく反復練習」

基礎学力養成編

国語

まずは…現代文から!現代文は入試科目でもっともポピュラーです。

だいたい現代文入試があります。現代文は大きく、読解と言語事項(記憶事項)に分かれます。

【現代文・言語事項】

言語事項は、下記の大学入試最新頻出問題の1冊で足ります。

この本は出る順に整理されており、漢字はもちろん、四字熟語、敬語、文学史なども1冊で網羅されています。

取り組む上での注意点は、

これは英語の単語帳の使い方でも同じなのですが、「漢字の読み書き」では漢字の読みと書きだけ覚える、ではなく用語の意味まで全て覚えてしまうなど、本で問われていることの周辺の内容も覚えることです

そうすることで、忘れにくく、かつ読解の得点力にもつながります。

大学入試最新国語頻出問題 (シグマベスト)

数学ⅠA

数学はだいたいの専門学校であれば、この1冊で入試演習に入ることができます。

難関の専門学校は+αの基礎学力が必要ですが、入試演習をこなすうちに克服できる範疇です。

 

坂田アキラの医療系数学1A

英語 英単語・熟語

英単語は、だいたいの専門学校の入試で、ターゲットであれば、1400で対応できます。

ターゲット1200や1900とほとんど内容が重複しています。

また、看護医療系の専門学校は、医療系英単語・表現がたくさん出る学校と出ない学校に大別されます。

過去問を調べ、医療系単語・表現の出る学校の場合は、医療系英単語帳などで準備しておきましょう。

 

ターゲット1400

生物基礎・生物

生物基礎は範囲が狭く、これでわかる生物基礎でインプット・必修整理ノートでアウトプットを行えば、入試演習に入ってよいでしょう。

 

高校これでわかる生物基礎 (高校これでわかる新課程版)

必修整理ノート生物基礎

【全科目】過去問

上記の参考書をある程度時間を空けて何回か解き、正解を書けるようになれば、入試演習に入ります。

受験校の過去問はもちろんですが、入試演習として、受験校より簡単な学校の過去問から徐々にレベルを上げて過去問を演習教材として使う方法をオススメします。

記事を最後まで読んでいただいて、ありがとうございます!

 

この記事を書いたのは、東山学館看護受験ゼミです。

 

東山学館は、看護医療系学校の受験対策専門の予備校です。

 

東山学館では、長年の指導の実績として、

 

「通信制高校からの難関看護学校合格」や、

「40歳以上で看護専門学校に合格された方」や、

 

 

など、数々の逆転合格を実現してきました。

 

興味を持っていただいた方は、今すぐ下の無料体験フォームから、1週間無料体験してみてくださいね。

無料体験お申込みフォーム